あなたが占いに求めることは何ですか?

水瓶座時代の当たる占いは多様性がキーワード

そもそも占いとは・・・

占いは、大きく分けると命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)の三種類に分かれます。

命(めい)とは

太陽の通り道に並ぶ12星座で占う西洋占星術

命(めい)とは、生まれ持った運命や宿命、運勢や性格などを鑑定するもので、生年月日、時間、出生地からその人の生まれ持った性質、傾向、人生の流れなどを占い、推命(すいめい)とも呼ばれます。
西洋占星術や四柱推命、紫微斗数などがこれにあたり、その他には九星気学や算命学、六世占星術などがあります。

卜(ぼく)とは

現在の状況や人の気持ち、未来を占うタロット

卜(ぼく)とは、時間、事象、方位などから気運とタイミングをもとに鑑定します。
人間関係(気持ちなど移り変わるもの)について鑑定するもので、「全ては偶然でなく必然で起こる」という概念から何かを決断する時に使われます。
当然ながら占う度に違う結果がでるのが特徴で、タロットや断易などがそれにあたります。

相(そう)とは

手相は手のしわなどから金運や恋愛どの運勢を見る占い

相(そう)とは、姿形など見た目からわかる状況から鑑定し、前途の卜が「タイミング」なら、相は姿形が「時によって変わらないもの」によって鑑定します。人相や手相、姓名判断などがこれにあたります。

命が生年月日などの動かぬデータを基に、卜は気持ちなど移り変わること、相は今現在は確かでも時が経つと移り変わる内容から鑑定します。

占いとは統計学・・・ではない

占いは統計学だと言う人もいらっしゃいますが、全てのデータを同じ条件で、同じ理論で鑑定し、多くの情報を集めなければ統計学とは言えず、数値化されるほど研究されていないのが現状です。
占いというものはどちらかといえば、鑑定者が前途した技術を使って、独自の理論や経験に基づく経験則だと思います。
占いは統計学です・・・ではなく、悩みを抱える人が相談した結果、心理的余裕や精神的余裕を得られ、その人が望む、またはその人が幸せになれる解決策を助言するコンサルティングです。

世界各国で占いを体験することは視野の広がりに繋がる

私自身、占ってもらうことも好きなので、日本だけでなく香港、台湾、韓国、シンガポール、タイ、ベトナム・・・で様々な占術で鑑定を受けた経験があります。

お国が違えば、やはり「ものごとの捉え方」や「価値観」などが日本人とは全く異なり、同じ「私の運勢」を違った角度から鑑定してもらうことができます。

シンガポールは多様性に溢れた街

特にシンガポールでの鑑定では、さすが「多様性の国」であり、カラフルな文化への受容力が高いので特性や個性を一方向にまとめようとする考え方が全くなく、私自身の視野の広がりをとても感じ、とても満足した鑑定でした。

占い好きさんなら、世界のどこかに旅行に出かけた際には是非、占いに行くことをプランに加えるのも違った旅の楽しみ方になるのではないでしょうか。

鑑定者が持つべき多様性への理解

鑑定する側のスタンダードは、必ずしも相談者のスタンダードではない

今後日本でも多様性が求められます

今後日本でも多様性が求められます
これまで語り継がれてきたような価値観や固定概念には全ての幸せの価値観は当てはまりません。
それぞれが持つ幸せの価値観が多様化し、細分化し、その多様性が認められる時代です。

固定概念や狭い価値観を持つ鑑定者からの鑑定は、相談者にとっては視野が全く広がらず、鑑定後の気持ちを前向きな方向へ転換しにくいと思っています。
世の中の流れが多様性に向かっているのに、古い価値観の鑑定を受けてしまったら、場合によっては余計に悩みが増え、負のスパイラルにハマってしまいます。
このように、

古い価値観や固定概念を押し付けたり、主観で吉凶を決めてしまうような鑑定者には気を付けなければいけないと思います

様々な国での鑑定される経験を持つ者としては、相談者の状況を理解する力や想像力と同時に、今後は

鑑定する側には、多様性への理解が大変重要

だと思っています。

水瓶座時代の 当たる占い師のキーワードは 多様性

多様性への理解は悩みを持つ相談者の安心感に繋がります。

今後100年続く水瓶座時代は個の時代です

水瓶座時代は多様性が認められる時代

個性とアイデンティティを確立し、自由に生きていくことが可能になり、個性が重視される時代です。
これまでのみんなと同じ価値観の幸せの時代は終わります。
自分の頭で考え、自分の意見を持つことが認められるのが水瓶座時代です。

鑑定者にも、多様性や様々な変化を柔軟に受け入れる力が必要になります。
これからは、今後100年続く水瓶座時代の個を、鑑定者が理解しているということが必要であり、

当たる占い師を見つけるためには、多様性は重要なキーワード

になると思います。
多様性を理解できていない鑑定者は水瓶座時代には適応できません。

水瓶座時代の当たる占いとは

鑑定者が多様性を理解し、多様な幸せの価値観から、相談者の視野拡大へアプローチすることができることが重要であり、相談者は鑑定後に新しい道への閃きや導きを見つけ出せることだと思っています。

鑑定後に明るく前向きになれるのが 当たる占い

鑑定後に明るい気持ちになれるのが当たる占い

悩んでいたけど、鑑定後に明るい気持ちになれた
それが占いに求めるものであり、当たる占いです。

そして、占いとは、昔から人々に親しまれる技術的な文化であり、エンターテイメントだと思っています。
娯楽性があり、笑顔になれる技術です。

占いに行って自分の気持ちが暗くなってしまった・・・のは 悪い占い=当たらない占いです。
なぜなら、そこであなたの気持ちが停滞することにより、あなたの人生も停滞してしまうからです。

運勢は動かなければ変わりません

悩んで、停滞しているあなたの人生を占いに行くことによって更に停滞させてしまったら、運気は更に傾きます。

鑑定後に気持ちが暗くなる・・・その理由は相談者の悩みを鑑定者が理解していないとも言えます。
鑑定者が多様性を理解できず、自分の価値観だけで相談者の悩みを判断したからです。

当たる占いとは、鑑定する側に相談者の状況を理解する力や想像力と同時に、多様性への理解があり、鑑定後に相談者の気持ちを明るくするものだと思います。

水瓶座時代の当たる占いとは悩みの解決策を見つけるためのコンサルティング

ほとんどの方が、悩みがある 未来が不安 自分に自信がない そんな時に占いに行かれると思います。
科学的根拠はなくても、心理的に救われたという経験がこれまで語り継がれることがあったからこそ、占いという文化が根付いていると思います。
そして

不安や恐怖がこの世の中から無くならない限り、占いという慣行は無くならない

と思っています。

占いをすると、自分の生まれ持つ運命や宿命を知ることができ、人生の運勢を把握することができます。
それと同時に、自分の人生を俯瞰し、計画を立てることができます。

多様化の進む水瓶座時代は、例え生まれ持った運命や宿命が厳しいとされるものだとしても、今のタイミングで引いたカードが良くないカードでも、それはこれまでの価値観や固定概念がそう思わせているのであり、多様化の進む水瓶座時代では、幸せの方向へ進む道を切り開く方法が沢山あると思います。

人には、運勢を動かす奇跡のような力がある

人には、運勢を動かす奇跡のような力があることを私は信じています。
そのためには前向きな気持ちが重要であり、これまで厳しいと判断されてきた運命や宿命、カードでも、向く方向や価値の捉え方、視点を変えて広げれば、あなたはきっと笑顔になれます。

私は、水瓶座時代の当たる占いとは、多様性とそれぞれの個の幸せを理解し、悩んでいる人を、技術を使って明るい笑顔にする「解決策を見つけるためのコンサルティング」だと思っています。

close
<strong><span style="color:#0b3e54" class="has-inline-color">購読のご案内</span></strong>

星読み旅行は世界中に散らばるあなたの星が輝くための情報を毎月一度、お届け致しております。あなたのご購読登録お待ちしています!